定期的な見直しを|東京海上日動火災保険が貴方の生命と財産を守る

東京海上日動火災保険が貴方の生命と財産を守る

定期的な見直しを

第三者の意見

横浜でファイナンシャルプランナーに相談のってもらいたい場合、どういったケースでしょうか。子供が出来た時や、横浜で家を買うときなどが思い浮かばれます。最近では横浜市が主催する子育てのセミナーや、家購入のセミナーに行くと、ファイナンシャルプランナーがすでにいる場合もあります。これらの場合、無料相談が可能な時もあるので、一度試しておくと良いでしょう。そもそもファイナンシャルプランナーは、お金について相談に乗ってくれる人たちです。子供が生まれれば保険の内容や、保障も変わってきます。家を買うなら、頭金の有無に加えリフォームの資金、固定資産税など想像以上にお金のことを考えないといけません。ファイナンシャルプランナーは何かを契約する必要がないので、客観的に相談に乗ってくれます。

どうせ相談するなら

初回無料のときがあっても、基本的にファイナンシャルプランナーは相談料を取っています。横浜市に事務所を構えている会社もあれば、どこか会社に所属しているファイナンシャルプランナーもいます。せっかくお金を払って相談するなら、しっかりと情報を整理しておくべきでしょう。最低でも用意したいものは、給料明細、各種保険証券、光熱費の領収書。もし光熱費や多くの支払いをカード払いにしている人は、web明細の画面を数か月分プリントアウトしておくと良いです。仮に家を購入する場合、今までの家賃に比べ今後どんな支出があるかを教えてもらえます。その時何が必要で、削れるものがないか、実際の明細があるとより具体的な削減方法を聞くことが出来ます。